キャットフードの添加物(トコフェロール)

一般的なドライキャットフードは、長期間保存が可能になっています。長期間保存ができるためには、当然保存のための添加物が不可欠ですが、添加物の中には発がん性が指摘されるものもあり、愛猫の健康のためにはどのような添加物が使用されているかをチェックすることも大切です。

キャットフードの添加物の中に、「トコフェロール」と記載されているものがあります。トコフェロールとはビタミンEのことです。ビタミンEは、「若返りビタミン」とも呼ばれ、サプリメントなどでも定番になっているビタミンです。脂溶性で様々な病気の原因とも指摘されている活性酸素を除去する働きをします。この抗酸化力が、食品などの保存料としても効果が認められています。

キャットフードには、タンパク質の他に脂質が含まれています。新鮮な肉や野菜を使うほど脂質が多くなるので、酸化しやすくなります。そのためには、酸化防止剤が不可欠ですが、強力な酸化剤は合成のものがほとんどで、「エトキシキン」「BHA」「BHT」などの危険性が指摘されているものが使用されています。

そんな中、安全な抗酸化剤として使用されているのが、「トコフェロール」です。天然のハーブなどから抽出したもので、安全性も高くなっています。人が食べても問題はないものなので、愛猫にとっても害にはなりません。

キャットフードの中には、「ミックストコフェロール」と記載されているものがあります。これは「天然型」と呼ばれるもので、人工的にビタミンEを混合した保存料です。但し、合成の添加物と異なり、ビタミンE自体は天然由来のものなので安全の心配はありません。プレミアムキャットフードなどにもよく使用されています。

トコフェロールの弱点は、合成の保存料のように長期間の保存がきかないことです。開封後は1ヶ月以内が限界です。大きな袋のキャットフードにトコフェロールが使用されていないのは、長期保存が難しいからです。トコフェロールを使用しているキャットフードは、保存場所や保存方法に注意が必要です。

愛猫の健康維持のためには、少しでも安全なキャットフードを選びたいですが、そのためには保存料などの特徴を把握することが大切ですね。