キャットフードの添加物(プロビレングリコール)

ペットフードには「プロビレングリコール」という添加物が使用されているものがあります。プロビレングリコールは、保湿成分と使用されるもので、医薬品や化粧品、食品など幅広く使用されている添加物です。

ペットフードでは、セミドライフードなどに使われています。これは、ペットフードの水分を保ち、雑菌の繁殖を防ぐことが目的です。セミドライフードが乾燥しては捨てるしかありません。そのためにも保湿剤は不可欠です。

一般的に、プロビレングリコールの毒性は弱いと言われていますが、猫に対しては危険性が指摘されています。猫がプロビレングリコールを摂取すると赤血球を減少させることが判明し、そのためキャットフードでの使用が禁止されています。

キャットフードにプロビレングリコールが記載されている場合は、保湿剤としての目的ではなく、香料などの原材料に使用されているものです。0.05%以下であれば原材料に含まれることは認められています。パッケージにプロビレングリコールが記載されているからと心配する必要はありません。プロビレングリコールが記載されていると指摘する書き込みなども見かけられますが、添加物としての使用なら販売は許可されません。記載されている場合は、原材料に含まれているプロビレングリコールです。原材料に含まれる添加物の表示義務はないので、逆に表示しているメーカーは、正直で信頼できると言えるでしょう。

注意したいのは、キャットフード以外のものを与える場合です。特にセミドライタイプのドッグフードにはプロビレングリコールが含まれています。このようなペットフードは、愛猫に与えるのは厳禁です。キャットフードとドッグフードが別なのにはそれなりの理由があります。その違いを知ることも大切です。

また、人の食品でも麺やおにぎりなどの品質改善剤として使われています。欲しがっても愛猫にはあげないようにして下さい。

キャットフードは、添加物の意味をきちんと理解して選びたいものですね。