キャットフードの添加物(ブチルヒドロキシアニソール)

キャットフードには、発がん性が指摘されている添加物がいくつか使用されています。発ガン性という言葉はギョッとしますが、どの程度危険性なのかは明確ではありません。今回は、危険な添加物の代表としてあげられものの中から、「BHA」ついて考えてみます。

BHAは、「ブチルヒドロキシアニソール(Butylated hydroxyanisole)」の略で、主に油脂類の保存料として使用されています。もともとは工業用の油脂の酸化防止剤でしたが、食用にも使用されるようになり、魚介冷凍品や油脂、バターなど幅広く使われています。

BHAの発ガン問題視されたのは、1982年に発表された名古屋大学の研究グループがラットにおこなった実験結果でした。研究グループはラットに2年間に渡ってBHAを投与し、その結果、ラットの前胃に発ガンが認められたのです。

キャットフードだけでなく、食品でのBHAの使用が危険視されているのは、この研究結果が引き金です。但し、ひとつ問題があるのは、実験でマウスに投与された量が、人が1日に摂取しても問題ないとされる量の2700倍だったことです。日常的に使っている醤油でも2700倍の量を飲んだら死に至ります。

欧米諸国から再検査の要請があり、その結果BHAの使用の継続が認められたのです。食の安全を追及する人々の意見も大切ですが、あまり過敏になるのも良くありません。実際、プレミアムキャットフードの中にも、BHAを使用しているものはあります。つまり、BHAだけが悪者ではないのです。酸化防止剤は、食品を保存する上では不可欠なものです。少量の醤油が貴重な調味料になるように、適切な量のBHAは有効な酸化防止剤になります。

但し、100%安全であると結論づけるのも早計です。BHA自体は様々な原材料にも含まれているので、実際の量を計測するのは現実的には不可能です。どうしても心配な人は、BHAが使われていないキャットフードを選ぶのも良いでしょう。

愛猫のために安全なキャットフードを選びたいのは親心ですが、情報だけに流されるのも良くありません。正しい知識を持って合理的に判断することが大切です。